首ニキビ跡が消えない原因

首ニキビは大人ニキビと呼ばれるもので、ホルモンバランスや不規則な生活習慣によってかかる肌の疾患です。

 

首ニキビの跡が消えない原因としては3つ考えられるのですが、それぞれ“跡”の状態によって変わってきます。

 

首ニキビの赤みが消えない場合

これは炎症が起こって赤くなった肌がニキビが治った後も残っている状態です。
通常2〜3年で赤みは引いてくるはずですが、紫外線を浴びるとシミになってしまうので早めにケアをした方が良いです。

 

首ニキビ跡原因

 

茶色くシミになっている場合

首ニキビ跡がシミになっている場合は、色素沈着によるものです。
ニキビを潰したり、ひっかいたりして炎症を悪化させてしまうと色素沈着してしまう場合があります。

 

洗顔やタオルで顔を拭く時なども強くこすり過ぎると悪い刺激を与えてしまうので注意が必要!
こちらも紫外線を浴びるとシミが消えなくなってしまうので気を付けて下さい。

 

デコボコしてる場合

首ニキビの跡がブラマヨの吉田さんのようにデコボコ状態になってしまっている場合は、ニキビの炎症がなんども同じところに出来て修復が完了しないままになっている状態です。

 

強い炎症を起こしやすい人や、肌が硬いとデコボコ状になってしまう事があります。

 

 

跡になった首ニキビを治す方法

 

「デコボコ」になってしまった場合は専門の美容外科などでケミカルピーリングやレーザー治療を行った方が良いです。
完全にキレイになるかは肌の状態によりますが、間違いなく効果はあります。

 

「赤み」「シミ」になっている場合は、消える状態のうちに早めにケアする事が重要です。

 

 

首ニキビ跡原因

 

「シミ」になっている時は同じく専門家医によるピーリングが有効にはなりますが、角質を無理矢理剥がしていることには違いないので、肌の弱い人だと悪化してしまう可能性があるので注意して下さい。

 

まずは自宅でビタミンC誘導体や美白成分が配合された化粧品を試してみると事をオススメします。

 

ただビタミンC誘導体は単体では乾燥しやすいので、おなじく保湿成分が配合されているアイテムを選ぶようにしましょう。
即効性はありませんが、確実に肌に効果をもたらしてくれる成分です。ビタミンC誘導体はストレスからくる大人ニキビにも高い効果を発揮します。

 

また、首ニキビの跡を治す方法として首のターンオーバーを促進させることも重要です。

 

肌のターンオーバーが進むことによって、シミのように残ってしまっている部分が徐々に目立たなくなり元の状態に戻りやすくなります。

 

 

ターンオーバーを促進させるためには、生活を規則正しくすることが大切です。睡眠をしっかり取って疲労を回復させ、適度な運動で血行をよく流してあげましょう♪

 

ホルモンバランスが乱れていても、肌にいい影響を与えることはありません。
ストレスを発散し、できるだけリラックスできる時間をつくることもターンオーバーを促進させるためには必要になります。

 

首ニキビの対策、予防のためにも、自身の生活改善を心がけてみて下さい^^

 

 

首ニキビピーリング

 

定期的にピーリングをおこなうことで予防にもつながります。日々のスキンケアで使用できるマイルドなピーリング成分AHAなどが敏感肌のかたには向いていますが、肌に合わない場合もよくあるので小範囲で試してからが良いです。

 

 

首ニキビ自体がまだ治りきっておらず、「跡に残らないか心配!」という時は、高い保湿性のあるニキビ専用コスメを取り入れてみましょう。プラセンタやヒアルロン酸、コラーゲンなどの成分が配合された保湿ジェルがおすすめです。

 

抗炎症作用のあるグリチルリチン酸が配合されている大人ニキビ専用のコスメは、無添加で肌への刺激を最小限に抑えてくれるので、より早く治し跡になるのを防いでくれます。

 

あとはとにかく紫外線で跡が定着しないように注意して下さい^^